HOME » 豊中市のインプラント費用豆知識 » 医療費控除と手続き

医療費控除と手続き

豊中市で医療費控除を受ける場合、確定申告書に医療費控除に関する事項を記載し、豊能税務署に提出します。

その際、医療費の支出を証明する書類(領収書等)を添付、もしくは窓口で提示します。給与所得のある人は、源泉徴収票の原本も付けます。

インプラント治療で控除の対象になる金額は?

意外に知らない人がいるようですが、インプラント治療は医療費控除の対象になっています。

1年間に病院などで実際に支払った治療費(インプラント治療以外にかかった病院での治療費もすべて含む)が、10万円を超えた部分が医療費控除の対象になります。

税金の還付額は収入によって異なるので、確定申告の際に自分で還付請求を行ないます。このとき、病院が発行する領収書を添付しなければならないので、治療後も大切に保管しておくことを忘れないでください。

そもそも「医療費控除」とは?

参考までに、医療費控除の概要について解説しておきましょう。

自分自身または自分と生計を一にする配偶者(夫・妻・子供等)や、その他の親族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度が「医療費控除」です。

医療費控除の対象となる医療費の要件は次のようになっています。
・納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
・その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

また、医療費控除の対象となる金額の計算方法は以下のようになります。
かかった医療費(※1)-10万円(※2)= 医療費控除額
 

※1 実際に支払った医療費の合計金額 – 保険金などで補てんされる金額
※2 その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得の5%の額

オススメのインプラント歯科医院BEST5 オススメのインプラント歯科医院BEST5