HOME » インプラント治療の質問箱 » CT撮影のメリットは?

CT撮影のメリットは?

インプラント治療においてCT撮影をするメリットや、レントゲンなど従来の技術と最新の歯科用CTの違いについて説明しています。

なぜインプラントにCTが必要なの?

インプラント治療は、顎の骨に人工の歯を埋め込む繊細な手術です。そのため、肉眼ではわからない骨の状態を、正確に知る必要があります。CT撮影で顎の状態を把握することで、今までより迅速で安全な治療が可能になります。

CTとは、Computed Tomographyの略で、コンピュータによって断面図を見る技術のこと。以前は断面の画像を撮影するだけでしたが、最新の技術で立体的に人体をとらえられるようになりました。

CTを使うと、顎の骨の形や厚みが正確にわかりますし、骨の中を通っている血管や神経の位置も把握できます。これにより、インプラントをより安全に行なえるようになり、これまでインプラントが不可能と診断されていた人でも、治療できる可能性が出てきました。

CTとレントゲンとの違いは?

レントゲンではあごの形を2次元的に見ることができますが、3次元的、つまり立体的には見られません。

レントゲンは立体である人体を2次元で撮影するので、写真に写っている陰影、つまり白黒の濃淡から形を読み取り、実際はどのような状態になのか医師が判断しなくてはなりません。

そのため診断する医師によって結果が変わってしまいます。CT撮影は最初から3次元で状態をとらえることができるので、診断結果が大きくずれることがありません。

レントゲン写真では判断しにくい症例もあります。たとえば、レントゲンではインプラントを埋め込むのに充分な骨量があるように見えても、CTを撮ってみたら不足していて、骨を増やす治療が必要と判断された、といったケースです。

またCTを撮ると、骨以外にも、鼻の病気など軟らかい組織の状態もわかるので、あらゆる角度から安全なインプラント治療を行なうことができます。

もちろん、レントゲンでも歯の様子はわかるので、虫歯の治療に役立てることはできますが、細かい技術を必要とするインプラント治療には、いまやCTが不可欠と言えます。

最新の歯科用CTとは

CTといっても歯科用のものは、医科用(全身用)CTのような大げさなものではありません。最新式の歯科用CTは小型で、撮影するのも口腔のみ。座ったままスキャンを行なうことができます。

また、放射線量も少なく、医科用のものと比べておよそ20分の1から40分の1と言われていますので、安心です。

歯科用CTは、インプラントだけでなく、矯正治療や、親知らずの抜歯などにも多く用いられています。

抜歯の例では、CTによって虫歯などの病巣や神経の位置などが正確に把握できるため、安全に歯を抜くことができます。また、顎の骨の状態が正確にわかるので、矯正治療の際にも、歯がどのように移動するかといった予測を立てやすくなります。

このように、さまざまな歯科治療に用いられている歯科用CTですが、医院によっては設置されているところとないところがあります。インプラント治療をより安全に行なうには、最新のCT設備のある医院にかかることをおすすめします。

オススメのインプラント歯科医院BEST5 オススメのインプラント歯科医院BEST5