HOME » インプラント治療の質問箱 » ブリッジ・入れ歯との違いは?

ブリッジ・入れ歯との違いは?

歯の治療をしようとなった時、インプラント・ブリッジ・入れ歯と種類がありますよね。何がどう違うのか、特徴などそれぞれ比較して紹介しています。

永久歯を失ってしまったあとには…

永久歯を失ってしまったあとには、3つの治療法があります。
インプラント、ブリッジ、入れ歯です。
この3つの違いをよく知って、自分に最も適した治療法を選ぶようにしましょう。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の特徴とメリット・デメリット

治療法

  • インプラント…失なった歯の歯根の代わりにインプラント(人工歯根)をアゴの骨に埋め込み、その上にセラミックの義歯をかぶせる。
  • ブリッジ…失った歯の両側の歯を削り、人工歯冠を橋渡し(ブリッジ)することで、失った歯の部分を補う。
  • 入れ歯(部分)…失った歯の周囲の歯に留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を留める。

治療費の目安

  • インプラント…保険適用外の自由診療なので高額。
  • ブリッジ…保険適用できる。
  • 入れ歯(部分)…保険適用できる。

治療期間の目安

  • インプラント…インプラントと骨が結合するまで2ヶ月以上、完了するまでには3~10ヶ月。
  • ブリッジ…最短で2~3回の通院治療で完了する。
  • 入れ歯(部分)…型をとって出来上がるまで1~3ヶ月。

インプラント・ブリッジ・入れ歯のメリット

  • インプラント…アゴの骨に固定されているので、自分の歯と変わりなく噛める。周囲の歯に負担をかけない。見た目が綺麗。
  • ブリッジ…両側の歯で固定されているため、固いものも噛める。違和感はあまりない。
  • 入れ歯(部分)…周囲の健康な歯にはあまり負担をかけない。

インプラント・ブリッジ・入れ歯のデメリット

  • インプラント…埋め込むために外科的手術が必要。
  • ブリッジ…両側の健康な歯に負担がかかる。
  • 入れ歯(部分)…食べ物がつまりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい。違和感がある。硬いものが噛みにくい。発音がしにくいことがある。手入れが面倒。

過去の歯科治療で主流だったのは、ブリッジと入れ歯でした。長い間に渡り経験・知識ともに蓄積されているので、安全な治療法です。

しかし、ブリッジと入れ歯には、一番大切である「食べ物を噛むこと」に違和感や痛みが出ることがあります。さらに、だんだん合わなくなる、周囲の健康な歯に負担がかかるなどのトラブルもよく起きます。

いま、歯根部分から作るインプラント治療に注目が集まっています。
インプラント治療後は「噛める」喜びを取り戻せるといいます。違和感、不快感、痛みがなく自分の歯のように食事ができるようになるからです。「噛める」という事は、全身の健康を保つためにもたいへん有効です。

またインプラントは、ブリッジや入れ歯に比べて、見た目が美しいこともメリットのひとつ。自由診療なので高額であることがネックですが、インプラントは現在最もオススメの治療法です。

オススメのインプラント歯科医院BEST5 オススメのインプラント歯科医院BEST5