HOME » インプラント治療の質問箱 » 手術は痛くない?

手術は痛くない?

インプラント治療は手術が不可欠なので、「痛み」を心配される人が多くいますが、手術中は麻酔をするので痛みはありません。そんな痛みのない施術について、ここでは説明していきましょう。

インプラント手術の痛みや腫れ

現在行われている最先端のインプラント治療では、埋入するインプラントの本数が少ない場合、筋肉内鎮静法を用いることで、ほとんど眠っているのに近い状態で手術を行ないます。

また、インプラントの本数が多い場合や、骨増生(周囲の顎骨の再生治療)や骨移植が必要な場合は、専門の麻酔医による静脈内鎮静法を行ないます。眠っている間に手術が終了するので、痛みを感じることがないばかりか、患者からすると、「目が覚めたら、全部終わっていた」ということになります。

術後は鎮痛剤が処方されるのが一般的ですが、麻酔が切れてから痛みが出ることはまずありません。仮に痛みが出たとしても軽いものですし、気になるようであれば処方された鎮痛剤で抑えることができます。

また、術後の「腫れ」を心配する人がいますが、埋入したインプラントの本数が少ない場合や骨増生を行なわない場合は、腫れることはほとんどありません。

インプラントの本数が多い場合や、骨を増やす処置を行なった場合は腫れが出ますが、その後は徐々に落ち着いていき、一週間もすれば元に戻ります。

手術時間は? 入院は必要?

インプラントを検討している人のなかには、「入院が必要なのでは?」と心配される方も多いそうです。ですが骨の再生治療を行なった場合であったとしても、入院は必要ありません。

インプラントの埋入手術のみであれば、かかる時間は30分程度。同時に骨の再生治療を行なった場合でも、1時間から1時間半程度で完了します。ただし、インプラントの埋入本数が多い場合は、2時間以上かかることもあります。

副作用はある?

インプラントは安全性の高い治療ですが、稀に副作用としてアレルギー反応が出ることがあるとのことです。

インプラントで使用される器具の多くは純チタン製で、これは非常に耐久性があるとともに、違和感なく使用できるものです。しかし、このチタンに対してアレルギー反応を起こす人がいるのです。

したがって、チタンに限らず金属でアレルギー反応が出る心配がある人は、必ず医師に相談しましょう。もっとも、ほとんどのクリニックでは、治療前にしっかり検査を行なっているので、基本的には心配する必要はありません。

インプラントによる副作用の可能性はゼロではありませんが、「極めて副作用の少ない治療法である」と、世界中から報告されています。

オススメのインプラント歯科医院BEST5 オススメのインプラント歯科医院BEST5