HOME » インプラント治療の質問箱 » インプラント治療の種類

インプラント治療の種類

インプラントの治療方法って?

このページでは、インプラント治療の際に用いられる治療方法について詳しく解説しています。

一般的な治療方法

  • 骨結合型インプラント
    骨結合型インプラントとは、骨の中にチタンを埋め込む方法で、一般的なインプラント治療に用いられているメジャーな治療方法です。顎の骨と結合させることで安定させ、自分の歯のように使えるように配慮されています。
    チタン製のインプラントは1965年に開発され、治療後10年以上が経過しても良好に機能しているケースが多く、他の人口素材に比べ成功率が高いといわれています。

ケース別治療方法

  • 歯が1本ない
    インプラント治療を行った場合には、他の歯と並んで自然な見栄えになり違和感が残りません。歯に対する負担が少なく、審美的にも良好な状態が期待できます。
  • 歯が数本ない
    1本のみを治療するよりも負担はかかりますが、数本の歯に対してもインプラント治療を行うことができます。
    歯の骨の厚さが足りない場合には、事前にあごの骨を移植したり、歯槽骨を再生する骨誘導再生術を行うこともあります。
  • 歯が全くない
    歯と歯を連結し固定させる装置を使用することで、歯が全くない場合でもインプラント治療を行うことができます。
  • 歯の骨が丈夫な場合
    1回法という治療方法用いて、すぐに治療することができます。一度の切開でインプラント治療が完了します。骨の厚さが不十分な場合は、細菌感染のリスクが高くなるため、医師の判断が必要不可欠です。
  • 歯の骨が丈夫でない場合
    2回法という治療方法を用います。一度目の切開から骨の結合を待ち、二度目の治療を行うことでインプラントと骨の結合力を高めます。治療中の負担が開眼し、感染するリスクを抑えることができます。

オススメのインプラント歯科医院BEST5 オススメのインプラント歯科医院BEST5